カテゴリー : 2013年 11月

劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語 について

この記事には
「劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」
ネタバレが多分に含まれます。
内容も見た人向けになっていますのでご注意ください。

さて、今回の劇場版は合計3回見てきました。
深夜の最速上映と2週目・3週目とそれぞれの特典もゲットしましたよ。

1回目を見たときの衝撃はものすごかったですが
2回目、3回目と回数を重ねて見るうちに、かなり印象が変わった作品でした。

そこで、自分なりのこの映画の解釈を書いてみようと思います。
(あくまで自分なりですので当然間違ってたり、人により感想が違ったりします)

—————————————————————

この映画の第一印象は「ほむらが絶望の果てにすっかり変わってしまった物語」でした。

というか悪魔になった後のほむらが凄すぎて
そら外人さんも「ウゥゥゥウウロブチィィイイイ!!!」と叫びますわw

ここで見るのをやめてしまうと、この作品はワルプルギスの夜みたいなもので
まどマギ好きという心が折れちゃう最悪の結末をむかえてしまいます。

そこで2回目・3回目は結末を知っているのだから『何故その結末に至ったのか』を探るため
全てのシーンを注意深く見ていくことにしました。

そうしたら第一印象が綺麗さっぱり無くなって、新たな解釈に至りました。

実は「一番なにも変わっていないのがほむら」ではないでしょうか?

魔女である自分が生み出した世界は現状維持を狙ってのもの。

多分あの世界では、まどかが自分が何者であるかを忘れ(させられて)いるように
ほむら自身も、何故自分が魔法少女になったのかを忘れているのでしょう。
かつてループの最初の頃、まどか・マミ・さやか・杏子と共に戦ったあの頃を
本当はほむらも楽しく思っていて、できれば続けていきたかったのかな?とか。

対マミ戦後のさやかとの会話で世界の真実に気付いたほむら。
花畑でのまどかとの会話がこの映画での一番重要なシーンだと思います。

この世界にいるまどかは、さやかとなぎさによって力を失っているので
かつてほむらと共にいた人間である鹿目まどか本人で間違いないでしょう。

そのまどかの本心が「ほむらやみんなと離れ離れになるのは辛いこと」であると知ったとき
ほむらは
「まどかが円環の理になったこと」
「まどかが自分の命と引き換えに救った世界を守っていたこと」
が間違いであったと気付いてしまったわけですね。

かつてほむらは「まどかのため」だけに魔法少女になった。

繰り返すループの果てに、自分が
「まどかが最後に契約するのを時間を巻き戻して止めなかった」ため
「円環の理」という存在がすでに出来てしまった。

その存在を無かったことにし、まどかが自分たちと離れ離れにならないようにするには
円環の理に匹敵する力で世界を書き換えるしかない。

そう、ほむらの行動原理は「まどかのため」だけに一貫しているのですね。
ほむらは何も変わっていなかったのです。

多少の改変があったにせよ、まどかは元の世界に戻ってきた。
ソウルジェムの中の世界と違って、本物の見滝原市。

廊下で正体を思い出しそうになったまどかを止めた後
ほむらはまどかに「秩序を守るべきか」と訊ねる。
まどかは「自分勝手にルールを変えるのは駄目」だと答える。

「自分の正体は円環の理」であり「全ての魔女を救済するのが円環の理の役目」
それがまどかのルール。
本心では望んでいないルール。

だからまどかのために円環の理の力を奪ったほむらは「いずれ敵になる」わけです。

もちろんそれは「まどかのため」に。

すべてはTVアニメ1話でのほむらとまどかの

 「鹿目まどか、あなたは自分の人生が尊いと思う?家族や友達を大切にしてる?」
 『えと・・・わ、私は大切だよ。家族や友達の皆も大好きでとても大切な人達だよ』
 「本当に?」
 『本当だよ。嘘な訳ないよ』
 「そう・・・もしそれが本当なら、今とは違う自分になろうだなんて絶対に思わないことね。
  さもなければ、全てを失うことになる」
 「貴女は、鹿目まどかのままでいれば良い。今まで通り、これからも」

という会話につながるわけですね。
スゲェぜ虚淵ィ!!

TVの1話からずっと「まどかのため」からブレなかったほむら
本当に変わったのは、実はまどかのほうだった。

自分はそう解釈しています。

書き換えた世界でも、さやかたちは魔法少女のままでしたね。
(指輪=ソウルジェムを装着している)
あれだけの力があれば、魔法少女の力を消すことだって可能なのでは?

いつか真実を取り戻したまどかや、それを助けるさやかたちに
自分を倒して、救ってもらいたいと心の隅では願っているのかもしれませんね。

それがソウルジェムの中の世界で現状維持をはかった
本当のほむらの弱さ、なのかも。

—————————————————————

あ、原稿します。ハイ。
ではまたw

コミックマーケット C85 当落発表

毎度恒例

C85

はい、またしても当選してしまいましたw


これでついに2桁、10回連続の当選となります

つまりサークル参加10回目というわけですね
いまのところ当選率100%という異常事態ですがこれは……

例によってサークルカットを

C85cut

ちひゃー

今回も落とさぬよう頑張りたいと思います(`・ω・´)

次回は表紙出来てからかな?
ではまた!!